野口竜司のポジション、プレーの凄さとは?ラグビー界のポスト五郎丸

更新日:

gazou-noguchi-ryuji.jpg

本記事はラグビーW杯2019日本代表の中でポスト五郎丸歩言われている選手、野口竜司について解説します。2015年に開催されたラクビーワールドカップイングランド大会で日本代表はラグビー強豪国の南アフリカに勝利

日本国内で一躍ラクビーブームとなりました。

その立役者と言ってもよい存在が五郎丸歩です。

独特なルーティーンポーズから繰り出されるキックで、人気選手となりました。

キックが注目される五郎丸歩ですが、パワーやスピードにも優れており、キック以外でも守備の中心として活躍していたんです。

ですが五郎丸歩は2019年ワールドカップの日本代表候補メンバーには選出されていません。

五郎丸歩は現在33歳で、年齢的にもベテランの域に達しており、後進に道をゆずる形となっています。

野口竜司の活躍に期待がふくらみますね。
ラグビーW杯おすすめグッズについてはコチラ
関連記事ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選
ラグビーW杯放送日程についてはコチラ
参考記事ラグビーW杯テレビ放送スケジュール見逃し配信について

野口竜司のプロフィールと経歴

【出身】大阪府東大阪市
【所属】パナソニック ワイルドナイツ
【ポジション】フルバック
【身長】177cm
【体重】83kg
【誕生日】1995年7月15日(24歳)
【出身高校】東海大仰星高校
【出身大学】東海大学
【ニックネーム】りゅうじ

兄の野口大輔もラグビー選手で、近鉄ライナーズに所属しています。

野口竜司の経歴は?

高校時代は高校日本代表に選出され、大学時代にはフル代表にも選出。

さらに東海大学では、東海大学体育会ラグビーフットボール部のキャプテンもつとめています。

東海大学卒業後にパナソニックワイルドナイツに入団しました。

2016年アジアラグビーチャンピオンシップで先発出場で日本代表初キャップを獲得。

パナソニック加入後も、リーグ戦ベストフィフティーンに選ばれました。

すでに日本全体でもトップクラスの実力を持っている選手ですね。


野口竜司のポジションは?

野口竜司のポジションは、五郎丸歩と同じフルバック

そのほかにもウイングスリークォーターバックをこなします。

フルバックの役割は、最後尾で守備をこなすこと

1対1で相手を止めたり、相手がキックしたボールをキャッチしてリターンするなど、多岐に渡る方法で、相手の攻撃を食い止めます。

そのため、キックのボールを予測する力、相手をタックルで止めるためのスピードやパワー。

そしてキックされたボールを再びリターンするためのキック力など、たくさんの能力が必要とされるポジションです。

またウイングの役割は、攻撃の最後の仕上げ人

味方が繋いだボールをサイドのライン際で持ち運び、トライを決めます。

キックで展開することもあります。

重要な能力は、やはりボールを持ち運ぶためのスピードでしょう。

当たり負けないパワーもあると、なお良いです。

同じフルバックで活躍する日本代表選手には、松島幸太郎ヘンリージェイミーレメキロマノラヴァがいますよ。

同ポジション松島幸太郎のプロフィールやポジションは?


同ポジションヘンリージェイミーのプロフィールやポジションは?
同じフルバックで活躍
gazou-jamie_henry.jpg
ヘンリージェイミーのプロフィールやポジションは?ラグビーW杯日本代表

本記事はラグビーW杯日本代表のヘンリージェイミーについて解説します。 こんな方におすすめ ヘンリージェイミーのプロフィールが知りたい。 ヘンリージェイミーの過去の活躍が知りたい。 ヘンリージェイミーの ...

続きを見る


同ポジションレメキロマノラヴァのプロフィールやポジションは?
同じフルバックで活躍
gazou-lemeki-lomano-lava.jpg
レメキロマノラヴァは身体能力高すぎ?プロフィールやポジションは?

本記事はパワーとスピードが高いレベルで共存しているラグビー日本代表選手のレメキ・ロマノ・ラヴァについて解説します。 ラグビーというスポーツは、7人制や15人制など、さまざまな人数のルールがあり、 その ...

続きを見る


ウイングについて詳しく知りたい方はコチラ↓↓↓
【初心者向け】ウィングの役割とは?俊足を生かしたトライゲッター

野口竜司のプレーの凄さ

フルバックとウイングをこなす野口竜司ですが、偉大な先輩、五郎丸歩にも負けない優れた能力を2つ持っています。

1つはスピード

野口竜司はウイングではもちろん、フルバックの時でも最後尾から持ち運べるほどのスピードがあります。

以前からすばらしいものがありましたが、陸上選手である池田大介さんとともに「走り方改革」に取り組みました。

足の回転数や歩幅を意識することによって、スピードにさらに磨きをかけたんですよ。

この「走り方改革」により、自分で勝負に行く決断をよりしやすくなり、プレーに余裕も生まれました。

2つ目は、相手と正面からぶつからない能力。

野口竜司は身長176cm、決して大きい選手ではありません。

海外の強靭な選手と普通にぶつかれば負けてしまいます。

そのため正面からぶつからずに、半身で当たっていきます。

半身で当たることで、たとえ相手に捕らえられてもうまくかわし、前に進むことができます。

次々と相手選手をすり抜けて、ボールを前に運びやすくなるため、さらにスピード能力が活かされるわけなんですよ。


ラグビーW杯日本大会での活躍に期待

運動競技場

若くからフルバックとして高い実力を持っており、五郎丸歩の後継者と言われている野口竜司。

本人としては、五郎丸歩と自分は得意なプレーも能力も違うことから、ポスト五郎丸といわれるのが苦手です。

たしかに野口竜司は、五郎丸歩と比べると、よりスピードに特化した選手という印象を受けますし、違いはありますね。

目前にせまったワールドカップ日本大会。

野口竜司には、自分の持ち味を存分に発揮してほしいです。

そして「五郎丸の後継者」ではなく「野口竜司」という1人の選手として、世界に存在をアピールしてほしいと思います。

日本代表のユニフォームを着て応援しましょう!


参考記事J SPORTSがラグビー好きにおすすめの理由


関連記事ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選
あわせて読みたい
gazou-rugby-goods.jpg
ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選!日本代表を応援しよう

いよいよ9月20日から開幕したラグビーワールドカップ2019日本大会。 秋の夜長の、試合鑑賞のお供に、ラグビーワールドカップ2019のおすすめグッズを紹介していきます。 紹介するおすすめグッズ 日本代 ...

続きを見る


参考記事ラグビーW杯テレビ放送スケジュール見逃し配信について
あわせて読みたい
gazou-rugbyworldcup2019_tvschedule.jpg
ラグビーW杯2019の各局放送スケジュール、4kの日程は?中継や見逃し配信はある?

本記事はラグビーワールドカップ2019の試合を放送するテレビ放送局と放送日程について解説します。全48試合を観ることができるのはJ SPORTSだけです。 日本テレビ、Huluで19試合、NHKでは3 ...

続きを見る


参考記事ラグビーW杯2019日本代表43人まとめ
あわせて読みたい
gazou-rugbyworldcup2019player-matome.jpg
ラグビーW杯2019出場の日本代表選手まとめ【プロフィールやポジションなど】

本記事はラグビーW杯に出場する31人の日本代表選手を紹介します。 日本で開かれるW杯、この機会をキッカケにラグビー試合を見てみたいという方も多いのではないでしょうか。 ラグビーのルールや選手を少しでも ...

続きを見る


最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

-ラグビー
-, , , ,

Copyright© FLAMINGO , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.