レメキロマノラヴァは身体能力高すぎ?プロフィールやポジションは?

更新日:

gazou-lemeki-lomano-lava.jpg

本記事はパワーとスピードが高いレベルで共存しているラグビー日本代表選手のレメキ・ロマノ・ラヴァについて解説します。

ラグビーというスポーツは、7人制15人制など、さまざまな人数のルールがあり、

そのうち15人制ラグビーは、8人のフォワードと、7人のバックスで1チームが構成されます。

フォワードは、ラグビーの名前を聞いてイメージすることの多い、スクラムを組む選手たち。

パワーが求められるポジションですね。

一方で、バックスの選手たちは、スピードや、パスなどのテクニックなどが求められます。

近年は、フォワードでもランで突破したりというプレーも必要とされますが、基本的には、このような能力が求められますね。

日本代表においても、フォワードの選手たちは体重が重い選手が多く、100kgを超える選手ばかりです。

それに対してバックスの選手は、フォワードの選手とくらべると若干軽く、筋肉をつけながらもしなやかさも持ち合わせているんですよ。

この記事の要点


・レメキ・ロマノ・ラヴァのプロフィールや経歴
・ウイング、フルバックの役割
・同じポジションの選手


ラグビーW杯おすすめグッズについてはコチラ
関連記事ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選
ラグビーW杯放送日程についてはコチラ
参考記事ラグビーW杯テレビ放送スケジュール見逃し配信について

レメキ・ロマノ・ラヴァのプロフィールと経歴

プロフィール

【出身】ニュージーランド(オークランド)
【所属】ホンダヒート
【ポジション】ウイング、フルバック
【身長】177㎝
【体重】92㎏
【誕生日】1989年1月20日(30歳)
【出身高校】ランコーン高校
【ニックネーム】マノ

レメキ・ロマノ・ラヴァの経歴

両親はトンガ出身です。

ニュージーランドで生まれ、その後家族でオーストラリアに移住しました。

若いころは、タイルを運ぶ仕事をしながら、トップリーグのチーム・レッズのアカデミーで力を付けます。

20歳のころ、日本のキャノンイーグルスから声がかかり来日を決意。

キャノンでプレーした後、マツダブルーズーマーズホンダヒートなどと、チームを変えながら日本でプレーを続けます。

2016年、ジョセフ監督が日本代表を率いることが決まると、すぐに代表メンバーに選出。初キャップを記録します。

しかし、膝を負傷してしまいリハビリ生活を余儀なくされました。

2018年、ケガも癒えて再び代表に招集されます。

さらにサンウルブズのメンバーにも選出されました。

それから現在にかけて、継続的に選ばれ続けており、ワールドカップに向けて勢いを強めています。

ちなみに15人制ラグビーだけでなく、リオ五輪の7人制ラグビーにも出場しており、ベスト7に選ばれました。

2020年の東京五輪の出場もめざしていますが、まずは目の前のワールドカップに集中しています。

レメキ・ロマノ・ラヴァのポジション

ラグビーボールを持って走るラガーマンのイラスト

レメキ・ロマノ・ラヴァのポジションはウイング、もしくはフルバックです。

ウイングは、攻撃の占めとして、チームが繋いだボールをサイドで受け取り、ライン際をかけ上がり、トライを決めます。

また、敵の間を縫って突破することもあります。

フルバックは、守備の要として最後尾に構え、1対1で相手を止めます。

また、キックオフで、相手がけったボールをキャッチして、そのままリターンすることも重要な仕事。

ウイングでは、相手に追いつかれないためのスピード捕らえられても弾き飛ばすパワー、そして相手を躱すステップの能力が求められます。

フルバックも、相手をきちんと止めるためのパワーとスピードが必要で、さらにキックオフをリターンするための突破力が必要となりますね。

どちらも高い身体能力が重要ということです。
同じウイングで活躍する日本代表選手は、ヘンリージェイミー福岡堅樹アタアタ・モエアキオラ松島幸太郎です。

同ポジションヘンリージェイミーのプロフィールやポジションは?


同ポジション福岡堅樹のプロフィールやポジションは?
同じウイングで活躍
gazou-kenki_fukuoka.jpg
福岡堅樹のポジションは?東京オリンピック後に引退とは?W杯を彩った7人に選出

福岡堅樹はプロラグビー選手ですが、医師になることが夢なんですよ。 本記事はそんなラグビーワールドカップ2019日本代表の福岡堅樹について解説していきます。 この記事で紹介する福岡堅樹について プロフィ ...

続きを見る


同ポジションアタアタ・モエアキオラのプロフィールやポジションは?
同じウイングで活躍
gazou-ataata-moeakiola.jpg
アタアタ・モエアキオラのプロフィールやポジションは?ラグビーW杯

本記事はラグビー日本代表のアタアタ・モエアキオラについて解説します。 こんな方におすすめ アタアタ・モエアキオラのプロフィールが知りたい。 アタアタ・モエアキオラのポジションはなに?どんなことをするの ...

続きを見る


同ポジション松島幸太郎のプロフィールやポジションは?
同じウイング・フルバックで活躍
gazou-matsushima-kotaro.jpg
松島幸太郎はハーフ?ポジションやプレーの特徴、東京オリンピックの出場は?

本記事はラグビーW杯2019日本代表で活躍した松島幸太郎について詳しく紹介します。 今までラグビーに興味がなかった人も、今回は日本で開催されていることもあって、ラグビーW杯をみていたのではないでしょう ...

続きを見る


ウイングについて詳しく知りたい方はコチラ↓↓↓
【初心者向け】ウィングの役割とは?俊足を生かしたトライゲッター

同じフルバックで活躍する日本代表選手には、松島幸太郎ヘンリージェイミー野口竜司がいますよ。

同ポジション野口竜司のプロフィールやポジションは?


最大の魅力は身体能力の高さ


レメキ・ロマノ・ラヴァは、身長177cm、体重92kgで身体のスペックだげ見ると、その他のバックスの選手と同じ程度。

しかしフィットネステストでは、チームトップの記録を出しています。

ベンチプレスでも、150kgの重さを3度上げるんですよ。

バックスでありながら、フォワードの選手を合わせてもトップクラスのパワーを持っています。

この、パワースピードを高いレベルで共存させていることこそが、レメキ・ロマノ・ラヴァの最大の魅力です。

ワールドカップ前のパシフィックネーションズカップでも、レメキ・ロマノ・ラヴァはしっかりメンバーに入っています。

ジョセフ監督も「ウイングやフルバック、さらにできるならばセンターでもプレーをさせるかもしれない」と期待を寄せています。

日本代表の中でも、トップクラスのスピードとパワーで敵の守備を破壊していくレメキ・ロマノ・ラヴァ。

好きな漫画はドラゴンボールで、生まれ変わったらスーパーサイヤ人になりたいと話します。

ぜひ、スーパーサイヤ人並の身体能力で活躍してほしいですね。

応援が盛り上がるラグビー日本代表のユニフォームもありますよ。


参考記事J SPORTSがラグビー好きにおすすめの理由


関連記事ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選
あわせて読みたい
gazou-rugby-goods.jpg
ラグビーW杯2019日本大会グッズおすすめ5選!日本代表を応援しよう

いよいよ9月20日から開幕したラグビーワールドカップ2019日本大会。 秋の夜長の、試合鑑賞のお供に、ラグビーワールドカップ2019のおすすめグッズを紹介していきます。 紹介するおすすめグッズ 日本代 ...

続きを見る


参考記事ラグビーW杯テレビ放送スケジュール見逃し配信について
あわせて読みたい
gazou-rugbyworldcup2019_tvschedule.jpg
ラグビーW杯2019の各局放送スケジュール、4kの日程は?中継や見逃し配信はある?

本記事はラグビーワールドカップ2019の試合を放送するテレビ放送局と放送日程について解説します。全48試合を観ることができるのはJ SPORTSだけです。 日本テレビ、Huluで19試合、NHKでは3 ...

続きを見る


参考記事ラグビーW杯2019日本代表43人まとめ
あわせて読みたい
gazou-rugbyworldcup2019player-matome.jpg
ラグビーW杯2019出場の日本代表選手まとめ【プロフィールやポジションなど】

本記事はラグビーW杯に出場する31人の日本代表選手を紹介します。 日本で開かれるW杯、この機会をキッカケにラグビー試合を見てみたいという方も多いのではないでしょうか。 ラグビーのルールや選手を少しでも ...

続きを見る


最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ

-ラグビー
-, , , ,

Copyright© FLAMINGO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.