【比較】コスパや鮮度がわかる花のサブスク5選!花の色が選べるのはどこ?

【比較】花のサブスク5社をランキングで紹介!プレゼントにもおすすめ
花のサブスクに興味があるけど、どうやって選べばいいのか分からない。

この記事では花のサブスクをはじめたいけど、どうやって選べばいいのかわからない方に厳選したサービスをランキング形式で紹介します。

花のサブスクは少しでも安く、鮮度がよく、自分のセンスに合った花が届いてほしいですよね。

花のサブスクなら定期的に家まで届けてくれるので花が枯れる前に「交換しないと」って焦らなくていいんですよ。

彼女の家にいつもきれいにしてあるお花があると印象アップです

この記事で比較する内容

  • 1回あたりの料金
  • ボリューム
  • お花のお届け頻度
  • ポスト投函か、手渡しか
  • お届け曜日
  • お花のカラー
  • お花の鮮度
  • スキップ機能の有無や期間

時間がないため1位のサービスをすぐ知りたい人はCMでおなじみ「ブルーミー(旧ブルーミーライフ)」がおすすめ

・初回お届け無料クーポンがあり

・ポスト投函

・価格も550円(送料別)

・この記事で比較しているなかで1本あたりの値段が最安

と気軽にはじめられますよ。

ブルーミー公式サイトはコチラ

お花のサブスクとは?

花瓶に活けられたお花の写真

お花のサブスクとは何か。

ひとことで言うと「お花の定期便」です。

サブスクは「サブスクリプション」の略で、意味は定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのこと。

お花のサブスクは定額料金を払い、毎月お花を自宅に届けてもらえるサービスです。

いざお家にお花を飾ろうと思っても、1回きりで次買いに行くのを忘れたり、めんどくさくなったり、続かなかった経験はないですか?
毎回お花屋さんに買いに行く必要がないし、毎月決められた回数で定期的に届くのでお花が好きな人には嬉しいサービスですよ。

お花のサブスクの選び方

ソファでくつろぎ本を読む女性の写真

お花のサブスクの選び方は、大きく3つのポイントがあります。

値段、お届け回数、鮮度が最も重要なポイントです。

値段

どんなにお花が好きでも、値段が自分にとって高かったら長く続けられないし、生活が苦しくなりますよね。

自分の生活に合った、続けられる価格のものを選びましょう。

お届け頻度

次にお届け回数は、月1から月4回まで会社によって送られてくる頻度が違います。

毎週違うお花が届くのがいいのか、月に1回で満足できるのか自分の好きな回数を選びましょう。

お花の鮮度

最後にお花の鮮度です。

お花のサブスクはポスト投函が主流です。

どうしてもお花屋さんで買ってそのまま帰って花瓶にかざるのとは違い、お家に着くまでに時間がかかります。

いくら品質保証制度があり、交換してもらえるとしてもお花が傷んでいたら悲しいですよね。

お花のサブスクの会社によって市場直送のものや、近所の花屋から送られてくるもの、お花の栄養剤がはいているものなどさまざまです。

価格、お届け回数、鮮度をふまえたうえで、ボリュームや花のカラーなど自分の好みによって選んでくださいね。

プレゼントにもおすすめ

ハートのギフトボックスにiloveyouと書かれたメッセージが付いている

お花のサブスクは、登録住所と送り先の住所を変えられる会社が多いです。

自分の義理の両親恋人のためにお花のサブスクを贈っているかたも多いですよ。

一度登録してしまえば、定期的に届けてもらえるので、忘れたりすることもなく長く続けられますよ。

離れて暮らす両親が毎月贈られてくる花をあけて喜んでいる姿を想像しているだけで幸せな気持ちになりますね。

届いたことをきっかけに連絡をとりあったり、良いコミュニケーションツールにもなりますよ。

【比較】おすすめお花のサブスクランキング

パステルカラーで書かれた花のイラスト

お花のサブスクをはじめている会社は今では20社以上あります。

たくさんありすぎてどこがいいのか、何がいいのかわからなくなりますよね。

この記事では私が実際に利用したサブスクのなかからおすすめのお花のサブスクのサービスをを比較しました。

比較内容

・1回あたりの料金
・お花のボリューム
・お花のお届け頻度
・ポスト投函か、手渡しか
・お届け曜日
・お花のカラー
・お花の鮮度
・スキップ機能の有無や期間

をもとにランキング形式で紹介していきます。

自分の好みのお花のサブスクを見つけてくださいね。

1位ブルーミー(旧ブルーミーライフ)



おすすめ第1位はCMでもおなじみのブルーミー(旧ブルーミーライフ)です。

累計会員数は10万人、Instagramのフォロワーは13万人を超えていて今話題ですよ。

Bloomee LIFE
料金(1回) 550円(+送料275円)から
お花のボリューム 3本前後から
お届け回数 月4、月2
配達方法 ポスト投函
お届け曜日 週末
お花のカラー おまかせ
お花の鮮度 普通
スキップ機能 あり(制限なし)
再送保障 あり
プレゼント 可能
値段も安く、ポスト投函で続けやすいですよ。

送料込みの825円÷4本=206円。

お花1本あたりの料金は約206円です。

ココがダメ

・お届け曜日が指定できない

・解約料がある。(初回契約は4回契約で途中解約は残りの分の料金が解約料として発生)

ブルーミー(旧ブルーミーライフ)

今すぐ申し込む

※初回お届け無料クーポンあり

2位hitohana(ヒトハナ)



おすすめ第2位はHitoHana(ヒトハナ)です。

値段は990円から5,500円までお花のボリュームによって差がありますが、カラーや本数など細かくカスタマイズできます。

HitoHana お花の定期便
料金(1回) 990円(送料無料)から
お花のボリューム 3本前後から
お届け回数 月4、月2、月1
配達方法 手渡し
お届け曜日 日時指定できる
お花のカラー 選べる
お花の鮮度 良い(市場直送)
スキップ機能 あり
再送保障 あり
プレゼント 可能
カラーが選べるのはかなり魅力ですよね。

990円÷4本=247円

お花1本あたりの値段は約247円です。

ココがダメ

・北海道・九州・沖縄・離島はお届けできない

・受け取りが宅急便の手渡し

HitoHana(ヒトハナ)

今すぐ申し込む

※お花のカラーが選べるのはここだけ

3位LIFFT(リフト)



おすすめ第3位はLIFFT(リフト)です。

お花と一緒にお花に関するジャーナルが届くのが特徴。

コーヒー豆セットの定期便などはコーヒー好きには嬉しいですね。

お花の定期便 LIFFT
料金(1回) 3,300円(送料込)から
お花のボリューム メインのお花4本前後と草花5本前後
お届け回数 月1
配達方法 手渡し
お届け曜日 日時指定できる
お花のカラー 選べない
お花の鮮度 良い(配送日時にあわせて採花)
スキップ機能 あり
再送保障 あり
プレゼント 可能
お花の組み合わせのセンスが抜群にいいですよ。

3300円÷11本=300円

お花1本あたりの値段は約300円です。

ココがダメ

・値段が高い

・受け取りが宅急便の手渡し

LIFFT(リフト)

今すぐ申し込む

※ハイセンスな花を受け取る

4位LIFULL FLOWER(ライフルフラワー)



おすすめ第4位はLIFULL FLOWER(ライフルフラワー)です。

花瓶がない方や、自分でアレンジメントする自身がないかた向けのそのまま飾れるプランもありますよ。

LIFULL FLOWER
料金(1回) 858円(送料込)から
お花のボリューム グリーンを含む3〜4本から
お届け回数 月1、月2(プランにより異なる)
配達方法 ポスト投函
お届け曜日 土、日
お花のカラー 選べない
お花の鮮度 普通
スキップ機能 あり
再送保障 あり
プレゼント 可能
届いてフタを開けてそのまま飾れるのは助かりますね。

858円÷4本=214円

お花1本あたりの値段は約214円です。

ココがダメ

・値段が高い

・受け取りが宅急便の手渡し

LIFULL FLOWER

今すぐ申し込む

※花瓶が入いらないプランはここ

5位&flower



おすすめ第5位はかわいいお花の定期便 &flowerです。

お届け先の近くの提携しているお花屋さんから送られてくるのでお花の種類も提携先ごとによって変わってきます。

お花のセンスが自分の好みと違ったりすれば、ブロック機能でそのお店からの発送はブロックされるのでお気に入りの店舗からお花を受け取れますよ。

【&flowerのお花の定期便】
料金(1回) 1,265円(送料込)
お花のボリューム お花とグリーン、合わせて4本以上
お届け回数 月1、月2、月4
配達方法 ポスト投函
お届け曜日 選択できる
お花のカラー 選べない
お花の鮮度 良い(近くの花屋から直送)
スキップ機能 あり
再送保障 あり
プレゼント 可能
近くのお花屋さんからの発送については2021年度中に開始できるようにがんばっています。

1265円÷5本=253円

お花1本あたりの値段は約253円です。

ココがダメ

・プランが1つしかない

・まだ近くのお花屋さんからの発送の準備が整っていないので、今は1か所から配送

公式サイトはコチラ

お花のおすすめサブスク比較のまとめ

バスケットにかざられた花の写真

お花のサブスクにはそれぞれ特徴があり、自分の好みや生活スタイルにあわせて選びたいですね。

この記事で紹介したおすすめの花のサブスクを簡単にまとめました。

安くてポスト投函希望なら

色やボリュームを選びたいなら

センスの良い花を受け取りたいなら

花瓶なしでそのまま飾りたいなら

近くの花屋さんから受け取るなら

自分のスタイルにあったサブスクはどれですか?

-暮らし