孫のクリスマスプレゼントはレゴのプログラミング「アフレル」がおすすめ

お孫さんへの クリスマスプレゼントにピッタリ! レゴを使ったプログラミング教材 【アフレル】 効果や口コミなど

お孫さんへのクリスマスプレゼント何を贈ったらいいのか悩んでいませんか?

おもちゃはすでにたくさん持っているし、できるだけ実用的なものを贈りたいですよね。

レゴのプログラミング教材「アフレル」は遊びながらプログラミングが学べるのでおすすめですよ。

この記事ではレゴのプログラミング教材「アフレル」とは何か、プログラミングを学ぶ意味や効果などがわかります。

なぜお孫さんへのプレゼントにおすすめなのかも紹介しますね。

こんな方におすすめ

  • お孫さんへのクリスマスプレゼントを探している
  • 祖母にリクエストするクリスマスプレゼントを探している
  • プログラミング教材を探している

今すぐアフレルを見てみる

プログラミングとは?なぜ必要

コンピュータの周りにいろいろなアイコンが出ているイラスト

プログラミングとは、こう動いてほしいといった作業のプログラムを作成し、コンピュータに実行の指令を送るシステムを作ることです 。

ICTやAI技術の進展、それに伴う変化に象徴されるように、今の子供たちが活躍するであろう近未来の社会では想像以上の変化が急激に起こることが予測されます。そのような社会では、テクノロジーを活用した新しいアイデアを創造する力や、課題を見つけて解決する力が重要になります。そのためには、思考プロセスを整理し、問題解決の道筋をつける。その考え方を学ぶことが重要なのです。

出典:株式会社アフレル

レゴを使ったプログら三イング教材アフレルとは

男の子がレゴブロックで遊んでいる

レゴ® ブロックを組み立て、動かすことで、プログラミング的思考が身に付く、ご家庭で楽しみながら取り組むロボットプログラミング教材です。

一番の特徴はロボットをレゴれ作れること。

ブロックなので簡単に取り外しができますし、レゴブロックが大好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

大好きなレゴで自分で作ったロボットが動き出すなんてお子さんにとったら夢のような体験ですよ。

直感的なビジュアルアイコン型ソフトウェアで、アイコンをドラッグ&ドロップして、ロボットの動きをプログラミングするので初めての子でもわかりやすいです。

今すぐアフレルを見てみる

アフレルの効果は?

レゴブロックで遊んでいる感覚でロボットを作れますのでイヤがることなくプログラミングをはじめられます。

プログラミングを通して、

創造力

論理的思考力

問題解決力

を楽しみながら身に付けることができます。

組み立てやソフトウェアなどの基本的な使い方からプログラムの作り方、学習のすすめ方などを解説したガイドブックが付いています。

お孫さんが1人でも取り組める発展的な課題を掲載したワークブックもついています。

アフレルの口コミは?

今すぐアフレルを見てみる

なぜ孫のクリスマスプレゼントにいいのか

おじいちゃんとおばあちゃんが楽しそうに会話している置物

レゴを使ったプログラミング教材「アフレル」がなぜお孫さんへのクリスマスプレゼントにおすすめなのか

お母さんの気持ちで申し上げると、実はプログラム教材はちょっとお値段が高いんですよね。

アフレルでは、

・5歳児~のレゴ WeDo 2.0 for home by アフレルは38,280円(税込)
・8歳児~のSPIKE for homeは74,800円(税込)

となっていて、自分たちで購入するのはちょっと難しいけど、欲しいよね…といった感じです。

プログラミング教室もまだ数が少なくて通えないし、お母さん自身もわからないことが多くて教えてあげられないんです。

お孫さんがプログラミングでつまづかないようにぜひアフレルを贈ってあげてくださいね。

今なら期間限定特典付いてます!

5歳児~のレゴ WeDo 2.0 for home by アフレルはコチラ

8歳児~のSPIKE for homeはコチラ

学習に役立つプレゼントはお母さんも嬉しい

女の子がランドセルを背負って桜の木の下に立っている写真

お子さんが小学生くらいになるとおもちゃはたくさん持っているし、テレビゲームなどに夢中。

少しは勉強もして欲しいと頭を抱えているお母さんも多いのでは?

お孫さんへレゴを使ったプログラミング教材【アフレル】をプレゼントしたらきっと喜ばれますよ。

お父さん・お母さんも嬉しいプレゼントです。

クリスマスだけでなく、誕生日や進学のお祝いなどにもおすすめです。

今なら期間限定特典付いてますよ!

5歳児~のレゴ WeDo 2.0 for home by アフレルはコチラ

8歳児~のSPIKE for homeはコチラ



-子育て